更年期障害は、一体いつくらいに起こる可能性が高いのでしょうか? 一般的に、更年期障害が起こりやすいのは、閉経を迎える40代〜50代くらいだといわれています。 この年代というのは女性ホルモンの分泌量が減少する期間ということもあり、更年期障害を発症する可能性が非常に高いです。 ただし、これはあくまでも確率が高いだけで、人によってはもっと早く更年期障害が現われてしまったり、もう少し後に発症する場合もあります。 最近では、20代や30代といった年齢でも更年期障害を発症するケースがあるので、若いからといって安心はできません。 まだ若いうちに更年期障害になる原因として考えられるのが、生活習慣の乱れです。 生活習慣が乱れてしまうと女性ホルモンの分泌も乱れてしまうため、更年期障害が起こりやすくなるでしょう。 睡眠不足や夜更かし、栄養バランスの悪い食事、運動不足、過度なストレスなどに気をつけていないと、若くして更年期障害を発症させてしまい、不自由な生活をすることになるので注意してください。